HOME>トピックス>新しい会社もお目見え

様々なメーカーが名乗りをあげる

消費者にとって、枚方エリアで住宅を造る業者の特殊性を知ることは少ないでしょう。不動産会社といっても規模も大小、サービスも異なります。住宅建築については、大手メーカーから枚方で有名といった中規模メーカー、そして各町内の小さな工務店までがあります。ですから、どの業者に依頼するかで、建築物のクオリティーは異なる場合もあります。私たち消費者には一生に一度の買い物ですから、できる限り慎重に業者を選択し、建築を依頼し、購入したいものです。新しいタイプとしては、ビルダーがいます。大規模ではないが小さくもなく、そして営業範囲は地域密着型から大手に匹敵します。

住宅産業に登場

低価格で分譲するのがビルダーで、なぜに低価格が打ち出せるのか、それはスケールメリットにより建材を大量に発注することでコストダウンを図っているからです。また、その取引方法にも問屋を通していません。さらに融資金利の低減や維持費削減のために、少数の住宅を素早く建築しており、いわゆるミニ開発で勝負する不動産会社なのです。この恩恵を受けるのは、団塊ジュニア世代といいます。団塊世代は、都市近郊に住宅を購入した者が多く、その子供たちは住み慣れた土地近くに家を購入したい考えでいます。枚方エリアのマンションの価格で一戸建てが購入できる、そうした3千万円台の一戸建ても販売されています。

広告募集中