HOME>オススメ情報>初心者向けのアドバイスや費用などを知っておこう

初心者向けに知っておきたいこと

住宅模型

初心者が、不動産を売却する場合、まず査定をすることになりますがこれには2種類あることを理解しておく必要があります。そのうちの一つが、簡易査定と呼ばれるものです。住所や名前などを登録することで、おおよその額が出てきます。この場合には、細かな額は出ませんので実際に査定してみると金額が異なることもありますので要注意です。そして、その査定額だけでは満足できない場合には実査定と呼ばれるものを行います。これは、形式的な住所や面積などだけでなく、実際に不動産会社の人が来て日当たりやその住宅特有の環境などを判断して金額をつけていきます。この方法ならば、実際に売却する場合にもあまり大きな狂いは出ないでしょう。

基本的に費用はかからない

住宅模型

不動産を売却したい場合に、査定をすることになりますがこのときの費用はかからないことが多いです。おそらく、どの不動産会社でも査定は無料になっています。なぜ無料になっているかといえば、最初の段階でお金をもらおうとすると、お客さんが寄り付かなくなってしまうからです。最初の入り口の部分の敷居を低くしておき、そのあと契約の話をすれば契約してくれる人も多くなる可能性があります。実際に、一昔前までは有料で行っていましたが、不動産会社同士の競争が激しくなりにつれ無料にするところが増え、今ではほとんどの業者が無料になっています。

有料のところはどのような意味があるか

住宅模型とお金

不動産の査定は無料ですが、中には不動産鑑定士が出てきてその不動産の価値を調べる場合もあります。この場合には有料になるでしょう。ただ厳密にいえば、査定と鑑定は似ているようで異なります。鑑定とは、例えばその土地を相続争いしている場合いったいいくらになるかを明確な基準をもとに算出することです。このように、背後に法律的な問題が絡んでいる場合には不動産の査定ではあまり意味がなく、本格的に不動産鑑定士が出てきて有料で鑑定してもらうのが基本です。

広告募集中